公開履歴
薬を持っている女性

女性が黄体ホルモンをとると、妊娠しているのと似たホルモン状態になり、排卵が抑えられます。
卵胞ホルモンには、黄体ホルモンの作用を強める働きがあります。
このため、避妊薬には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
ところが、卵胞ホルモンは副作用を起こすため、卵胞ホルモンの量を抑えた避妊薬が開発されました。

これが中用量ピルで、卵胞ホルモンの量は50㎍まで減らされました。
卵胞ホルモンの量をさらに抑えたのが低用量ピルで、低用量ピルの出現によって、経口避妊薬としてのピルが広く普及するようになりました。

低用量ピルは、黄体ホルモン剤の種類によって第一世代、第二世代、第三世代に分類されます。
第一世代ピルは、卵胞ホルモンの量を減らした代わりに、黄体ホルモンの量を増やしたピルです。
第二世代ピルは、新たな黄体ホルモン剤を使用することで、黄体ホルモン剤の量も減らしています。
第三世代ピルは、第二世代ピルのアンドロゲン作用を抑えた黄体ホルモン剤を使用したピルです。

ピルは、この他にもホルモン量の変化による分類として、1相性、2相性、3相性にも分けられます。
第二世代ピルでは、アンドロゲン作用に対応するために、ホルモン量を段階的に変化させています。
いずれのピルも、経口避妊薬としての効果に変わりはありません。

また、購入方法ですが、避妊薬は通販で購入可能となっています。
おすすめは個人輸入の代行サービスを行う業者から買うといいでしょう。

日本で一番普及しているのは、第二世代の3相性ピルタイプでトリキュラー、アンジェなどがこれに該当します。
服用中の不正出血が少なく、休薬期間の間にきちんと減退出血が起こるのが特徴です。
第一世代、1相性ピルのオーソは、出血量を大幅に減らすため、子宮内膜症の治療によく使われます。
第三世代、1相性ピルのマーベロンは、アンドロゲン作用が少なく、にきびなどの悩みがある場合には、こちらが向いています。
特にマーベロンやそのジェネリックであるノベロンはおすすめのピルになりますので、ノベロンの情報を通販サイトでチェックしてみてください。

低用量ピルにも様々な種類がありますが、よく調べて自分に合ったのを選ぶことが重要です。
100%避妊できるというものではないので個々人で気をつけましょう。

記事一覧

性行為を楽しむ際は、妊娠を希望していない場合はやはり避妊の対策はきちんと行うことが大事です。 避妊の...

避妊薬を飲むのはエチケットです。 誤って妊娠してしまうのが、一番困るケースだからです。 エチケットと...

避妊薬と言えば、一般的には経口避妊薬にあたり、いわゆる低用量ピルのことになります。 女性ホルモンが配...

避妊にはコンドーム・ピル(低用量経口避妊薬)・膣外射精・IUS・IUⅮ・リズム法・避妊手術等がありま...

普通、性行為をするために避妊薬を手に入れるためには専門のクリニックに行かなくてはなりません。 しかし...

一般的な避妊薬と言うと、低用量ピルのことを指し、継続して服用することで計画的な避妊が可能となります。...

ブライダル向けの医療行為として、ブライダル脱毛というのがあります。 一般的にブライダル関連の美容施術...

避妊薬とよばれるものは、医薬品医療機器等法、かつての薬事法という法律によって、さまざまな規制がなされ...

避妊薬といえば、現在では吐き気などの強烈な副作用をもたらす可能性がある卵胞ホルモンの分量をできるだけ...