• ホーム
  • 避妊薬の服用をするならお酒を飲まない方がいいの?

避妊薬の服用をするならお酒を飲まない方がいいの?

笑っている美人

一般的な避妊薬と言うと、低用量ピルのことを指し、継続して服用することで計画的な避妊が可能となります。
避妊薬には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合されており、服用することで体内の女性ホルモンのバランスを安定化させて、妊娠した状態に見せかけることで排卵を抑制するというものです。
副次的にホルモンバランスの安定化によって、ニキビや肌荒れなどが改善されたり、抜け毛が減るといった効果があり、月経が安定して生理痛を緩和できることからも利用されています。
また、自律神経とホルモンには密接な関係があり、ホルモンバランスが崩れていると自律神経失調症に陥りやすくなることからも、予防や改善のために治療として処方されることも少なくありません。
女性にとって良いことが多い避妊薬ですが、エストロゲンの量が多いと血液が凝固しやすくなるため血栓症のリスクが高まるとされます。

喫煙でも血栓症のリスクが高まることから、避妊薬を服用する際は禁煙がすすめられています。
20代であれば禁煙しなくても処方されることはありますが、35歳以上の女性が喫煙していると原則的に処方されません。

お酒に関しては飲まないといった制限はかかりませんが、飲み過ぎると薬の作用が弱まることもあるので控える必要があります。
お酒を少し飲むことは体に良いとは言いますが、健康体であることが前提の話なので、飲む飲まないに関わらず基礎疾患がある女性は、処方前に医師に伝えておくことが重要です。

肥満症や高血圧の女性は、リスクが高まることから処方を断ることも少なくないようです。
避妊薬を服用するには、禁煙やお酒を飲まないことも大切ですが、まずは自身の体調を整えることも重要となります。

サイト内検索
人気記事一覧